リフォームローンの審査落ちた方へ審査の甘いリフォームローン

リフォームローン審査【通りやすい】通らない理由

銀行のリフォームローン審査で落ちたら

自分の戸建住宅をもうじきリフォームしようと思っている。

ローン商品を探してみたら銀行であればリフォームローンが低金利で行える事を知った。

早速銀行でリフォームローンによる大口融資を申し込みしてみたけど、個人情報か個人個人信用情報機関に問題があったのか、審査で通らない形となってしまった・・・。

さすがにこちらとしては住宅のリフォーム検討している身として大口融資が受けられないのは辛い。

こんな時に銀行の住宅ローンとかリフォームローンで落ちてしまった場合、次はどこの金融機関へ申し込みすればいいのだろうか・・・。

情報を探してみるもののなかなか銀行以外で大口融資ローンが出来る所が分からない。

もしも銀行で取引出来なかった場合、カードローンのように銀行でだめなら消費者金融となってくる感じが正解かもしれません。

何故ならば銀行の審査基準は申込者にとってかなり申し込みハードルが高いので、金利も低金利という事もあったり大口融資という事もあったりする為どうしても借り入れに至らない人もいたりするんだと思います。

ですのでこんな時は金利は上がりますが大口融資対応可能の消費者金融、住宅ローンとかリフォームローンの金融商品を取り扱っている審査の甘い消費者金融で借り入れしてみると良いんだと思いました。

少なくとも銀行のリフォームローンに比べれば借り入れしやすいですし審査も甘いから、絶対落ちないとも言えませんが絶対通らないものでもありませんでしたので、自分がそれなりの年収と勤続年数があるのであれば銀行じゃなく消費者金融のリフォームローンを利用すれば何かしらキャッシング融資が受けられる可能性も高いと思いました。

又もしこの時に自分が別の不要な物件があるのであればこれを担保にして大口融資を受けてリフォームローンの足しにするなんて事も出来ると思いましたので、同時に有担保で借り入れする方法も検討してみると良いかもしれませんね。

大抵リフォームローンとかであれば保証会社が付いている場合もあるので、保証会社が連帯保証人となってくれる場合であれば連帯保証人不要でリフォーム資金を借り入れ出来るでしょう。

中には中古住宅を買ったけれどあまり気に入らないとかもっと改装したいと思う人もいるでしょうから、こんな人がリフォームしたいと思うのであれば間違いなく銀行より消費者金融、それも審査の甘い業者であれば更にお金が借りれる可能性も高くなると言えるものでした。

とにかく年収と勤続年数だけは絶対安定させておきましょう。有担保でも良ければこちらも同時に検討してみましょう。カードローンのようにすんなり借り入れとはいかないと思いますけれど、特にこちら側に不備が無ければ担当者も力になってくれるでしょうし、審査結果及び融資結果も期待出来るものだと思いました。