リフォームローンの審査落ちた方へ審査の甘いリフォームローン

リフォームローン審査【通りやすい】通らない理由

無担保のリフォームローンが良い理由

担保と無担保ローン。
当然無担保ローンの方がなんでも金利は高めの設定になります。
リフォームローンも例外ではありません。

しかし、担保と言うのは抵当権をつけて、万が一のことがあれば、その不動産が手元を離れてしまう保険のようなものです。
確かに安心であり、その上金利が低いのであれば、そんなに良いことはないのですが、この抵当権の実施、提出書類の多さ、そしてそれらにかかる手数料などは結構かかります。
忘れがちなのが、そのリフォームローン完済時には、抵当権が外れるのですが、そのときも手続きと手数料がガッチリとかかります。

ローン返済期間中の低金利はうれしいですが、手続きと手数料の存在は案外と煩わしいものです。
しかし、金利がとても低ければ、それに越したことはないのですが、最近では、極端な高金利のリフォームローンも少なくなっています。
担保のあるリフォームローンの手数料などを考えると、最初から無担保のリフォームローンが良い場合も少なくありません。

そこで、各金融機関の返済のシミュレーションを行うことです。
また、繰上返済などができる場合の手数料などにも注目してください。
返済途中に資金ができた時に、少しずつでも繰上返済ができれば、返済負担は小さくなります。
そのときに手数料がかからない金融機関であれば、総返済額も大きく変わります。