リフォームローンの審査落ちた方へ審査の甘いリフォームローン

リフォームローン審査【通りやすい】通らない理由

リフォームローンと住宅ローンの借り換え

既に現在住宅ローンを持っている方で、改めてリフォームローンを組もうと言うときには、返済などの増加が気になります。
中古住宅などを手にした時は、最初は必要なかったリフォームがやっぱり必要と感じられることも多いようです。
最初からリフォームをするつもりで、格安の中古住宅を入手、住宅ローンとともにリフォームローンを組むのも一つの方法です。
ときには、リフォームではなくリノベーション費用まで出したいときには、どうしても大規模な改修が必要で、住宅ローンに組み入れた方が低金利で返済も楽です。

戸建住宅をお持ちの方で、現在住宅ローン返済をしている方の場合は、リフォーム費用を加算した借り換えもオススメです。
ちょうど住宅ローンを始めて10年程度経っている、そろそろ借り換えの時期にリフォームの必要性と言うのは大きなチャンスともいえます。
普通のリフォームローンの場合、無担保だとしたら金利は高くなってしまいます。
低金利の住宅ローンの金利であれば、融資額が多少大きくとも返済は楽、それも住宅ローン1本になっていますから、返済期間も住宅ローンと同じです。

そこで、住宅ローンをしている金融機関に相談されることをオススメします。
借り換えの条件とリフォーム費用、最終的な総返済額などを計算してもらいます。
と同時に、別の金融機関で、良い条件の住宅ローンがあれば、そちらの借り換えで、同じく住宅ローンとリフォームローン込みの借り換え内容を確認します。

ここで例えば1%、1000万円の残額がある場合、少しでも低金利のものがあれば、借り換えのメリットは大きいとされています。
住宅ローンとリフォームローンの合体、金融機関としても歓迎のローンとして商品も出回っていますが、必ず数機関のシミュレーションなどを比較検討されることです。