リフォームローンの審査落ちた方へ審査の甘いリフォームローン

リフォームローン審査【通りやすい】通らない理由

賢いリフォームの方法 住宅ローンの借り換えで資金が生まれる

新築のマイホームの住宅ローンの返済中にリフォームをしたい時、リフォームローンも組みたいけれど、審査に通るか不安、第一これ以上ローンが組むのは返済が厳しいからなかなかリフォームに踏み切れない方も多いです。
住宅ローンの増額を考えている、ノンバンク系での借り入れをした方が良いかな?など悩みどころです。

住宅ローンを組む時、時勢を見ながらでも10年間固定金利などで様子を見る方が多いワウです。
これは一応10年程度で様子を見て、資金をためて繰上返済を考えながらの住宅ローンとしては、スタンダードといえます。
ところが、最近では変動金利でも1%台のものもあり、借り換えのチャンスが到来しています。
そこで、リフォームをしたい時に、新たにリフォームローンを組むのではなく、住宅ローンの借り換えと同時にリフォーム資金を組み込んでしまう方法があります。
自分で、リフォーム費用を用意するのではなく、リフォーム資金を増資した住宅ローンの組み替えるのです。

そうすることで、住宅ローンの返済期間を伸ばすことなく、低金利の借り換えによって住宅ローンの月々の返済額も小さくなり、プラス1万円程度でリフォームが無理なく実行できることが予想されます。
リフォームもするのに、返済額がこれだけしか増えないの?これが、住宅ローンとリフォーム資金を兼ね備えた借り換えです。

新築のリフォームが、住宅ローンに少額のプラスだけで、リフォームが完成することができるのです。
だれでも有効な手立てではなく、借り換え前の住宅ローン金利が、借り換えしようとする金利よりも1%以上ある、住宅ローン残額が1000万円以上あると言ったいくつかの条件があってのことです。
それらをクリアできるのなら、驚くほど低額でのローンでのリフォームもできるということなのです。