リフォームローンの審査落ちた方へ審査の甘いリフォームローン

リフォームローン審査【通りやすい】通らない理由

住宅ローンの借り換え リフォーム代金も便乗できるって本当?

築20年のマイホーム。
まだ住宅ローンは払っているけれど、そろそろあちこちにガタが来て、そろそろリフォームかな?
リフォーム会社に相談をしたら、現金でのリフォームが難しい。
そこでリフォームローンの申込みをしに銀行に行ったところ、10年で4.5%の金利。
おいおい、住宅ローンよりも高いんだ。

そうなのです。
現在、住宅ローンは固定20年以上では2%台ですが、リフォームローンは5%以上になるものも少なくありません。
じゃ、リフォームローンは考えものという方に朗報です。

現在、住宅ローンがある方にリフォームを機会に借り換えをしませんか?と言うものです。
これは、従来の住宅ローンとリフォームローンではなく、1つ住宅ローンとして、住宅ローンとリフォームの代金が一緒になったものです。
  • 住宅ローン残高 1000万円
  • リフォーム代金 300万円
だとすると、1300万円の住宅ローンに借り換えを推奨するものです。

ということで、1つの住宅ローンの借り換えの形にすることで、
  • 低金利の住宅ローンでリフォームができる
  • 借り換えによって、住宅ローン全体の返済額も少なくなる
  • 高金利のリフォームローンを使用しなくても良い
というメリットがあります。

金融機関によっては、条件がありますが、
  • 借入金額が1000万円以上になる
  • リフォーム代金だけで100万円以上
  • 借入期間を10年以上
が、主なものです。

借り換えは、住宅ローン金利の見直しのため、長い返済期間には一度は考えるものです。
リフォーム時期と重なることで、こういったリフォーム代金も投入してしまうことで、リフォーム資金を無理なく作ることができます。
また、住宅ローン控除対象になりますから、税金対策にもなります。

金利タイプについては、各金融機関での確認をした上で、具体的な住宅ローンを決めることが必要です。
大手銀行などで取扱をしている商品ですから、比較検討をしてみてください。