リフォームローンの審査落ちた方へ審査の甘いリフォームローン

リフォームローン審査【通りやすい】通らない理由

お得なリフォームは住宅ローンとの合算

リフォームローンは、一般的に住宅ローンよりも金利が高いとされています。
ですから、住宅購入のときには、リフォームありきで物件を探していると、
  • どうしても低額なものしか選べない
  • 気に入った物件があっても諦める
場合も多いようです。
それなら中古住宅ではなく、思い切って、新築にしようかなど迷ってしまうことになります。

ところが、この住宅購入時、リフォーム費用を組み入れた住宅ローンがあるとわかればどうでしょう?
要するに、購入を決めた物件に対して、すぐにリフォーム会社と契約をして、そのリフォームを依頼します。
その代金を住宅ローンとともに借り入れをするというものです。
リフォームローンだけですと金利は高いですが、住宅ローンに組み入れてしまうことで、低金利の住宅ローンを利用することができます。

自宅のリフォームに関しても、返済中の住宅ローンがあったとしても、リフォームの多呂のローンを始めるのではなく、住宅ローンの借り換えと同時にリフォーム資金を入れた住宅ローンにするのです。
そうすることで、こちらもリフォームローンではなく、低金利の住宅ローンでリフォームができる仕組みになっています。

いずれも中古住宅に対するリフォームにかかるコスト削減に大きく貢献するもので、よりお得にリフォームができるということです。
中古住宅購入の時、もちろん新築の方が良い場合もありますが、中古住宅とリフォーム代金を合わせたとしても、新築購入の代金よりも安いのなら、好きなようにリフォームができる方がお得といえます。

住宅ローンとリフォームローン、金利の差が大きい分、2つを合算した住宅ローンの利用で、よりお得なリフォームを考えることができます。